鳥取県  
  県木:ダイセンキャラボク
Taxus cuspidata var. nana
県花:二十世紀梨
 Pyrus serotina var.culta  
 
杜(森)の話    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  熊の生態in鳥取       
  乾布摩擦で木を鍛える      
  花粉症もここでお参りすれば      
  柿の葉寿司は山の知恵      
  コトの日      
  ヤナギin鳥取      
  身が松葉      
  砂丘の植生      
     
         
鳥取の動物シリーズ
熊の生態in鳥取
鳥取の猟師は知っているんです。山にブナ(Fagus crenata )の実が大量になると、熊は里に下りないとのこと。また、翌年の春は、いつもより3週間ほど早く穴から出てくるということ。

ちなみに、春先の熊撃ちは、ブナの巨木の近くで待つそうです。なぜなら、冬眠からさめた熊は、ブナの木の根本に貯まっているブナの実を一生懸命食べるとのことで、そこをズドンと一発で仕留めます。


 
乾布摩擦で木を鍛える
智頭林業は、日本を代表する林業地帯の一つ。スギを襲う一つにスギカミキリ虫がいます。この対処方法の一つに乾布摩擦があります。スギの樹皮を剥いで薄くします。すると、風邪を引かないというか、抵抗力がつくということで、カミキリムシから身を守るとか



花粉症もここでお参りすれば
鳥取県の有名な林業地である智頭林業
ここに杉神社があります。

スギの精霊を奉っているんです。だから、ここにお参りすれば、花粉症から解放されるはずです。

周りが花粉症なんで自分も花粉症と思いこんでしまっているなんちゃって花粉症の人も、本当の花粉症の人もここにくれば大丈夫のはずです。

こういった神社はさすが日本的と思うのです。




柿の葉寿司は山の知恵
智頭、ここは林業の盛んなところ。それ以上に奈良が有名な柿の葉寿司。その柿の葉寿司のルーツはここのようです。

どの家にも柿の木があり、柿の葉の持っている殺菌作用を利用していたんです。その代表が、柿の葉寿司

青々とした柿の葉と、山椒の実や葉、塩付けしたマスを使います。もちろんご飯は、酢飯。重しをして空気を抜くことで、夏場で3日持つそうです。

マスを細かく刻んだモノをご飯に混ぜると、こけら寿司
木杓子でおこした姿が木くず(こけら)に似ているとのこと。柿の葉寿司のルーツとか

鳥取の方から違うよという指摘がありました。殿様が参勤交代の途中で知ったとかで、吉野の方が本場とかでも、鳥取の郷土研究家で信じている人もいますので、吉野のカキの葉寿司はサバを用います。


コトの日
場所によって違うのですが、2月から4月に入ってからの1日をコトの日といって、神棚に供物をして、そのお下がりをちょこっと頂いてから、残りを藁苞に入れます。
その両端に細縄を取り付けます。

ヤナギもしくはクリで出来た箸を全員分作って供物を食べます。その後、梯子のように、箸を細縄に挿して、カキノキに吊すのです。

縁起の良い河豚を食べて、そのアラをつるす集落もあるそうです。


ヤナギin鳥取
ヤナギにまつわる迷信(?)
◎枝の下がるヤナギがあると出世する
◎引っ越しの時にヤナギの枝を神前に立てると縁起がよい
◎ヤナギの木のある家では、家の誰かが女難に遭う
◎ヤナギの大木のある家では大酒飲みが生まれる
◎ヤナギのある家には美男美女が生まれる。
◎ヤナギのある家には美男美女が生まれる。しかし、胸の病になる。


身が松葉
冬を代表する食べ物といえば蟹蟹蟹。
松葉蟹(山陰地方)と越前蟹(北陸地方)、ずわい蟹:楚蟹、間人蟹(丹後半島)、タラバガニ:鱈場蟹(秋田県)
その理由は、身が松葉のようになるから。
冷水につけたり、しゃぶしゃぶすると、松葉に化けるからなんですって。

ちなみに、これらの名前は♂の名前。♀は、山陰地方で親蟹、せこ蟹、こっぺ蟹、北陸地方でせいこ蟹、こうばこ蟹、こうばく蟹というんだそうです。


砂丘の植生
合弁花植物(双子葉植物)
キク科 かわらよもぎ
河原蓬
Artemisia capillaris
いそぎく
磯菊
Chrysanthemum pacificum
はまぐるま
浜車
猫の舌
Wedelia prostrata
ハマウツボ科 はまうつぼ
浜靫
Aeginetia indica
ゴマノハグサ科 うんらん
海蘭
Linaria japonica
とうていらん
洞庭藍
Veronica ornata
クマツズラ科 はまごう
浜栲
蔓荊
Vitex rotundifolia
ムラサキ科 すなびきそう
砂引草
Messerschmidia sibirica
ヒルガオ科 はまひるがお
浜昼顔
Calystegia soldanella
離弁花植物(双子葉植物)
セリ科 はまぼうふう
浜防風
Glehnia littoralis
アカバナ科 おおまつよいぐさ
大待宵草
Oenothera glazioviana
スミレ科 あつばすみれ
厚葉菫
Viola mandshurica var. triangularis
ハマビシ科 はまびし
浜菱
Tribulus terrestris
マメ科 はまえんどう
浜豌豆
Lathyrus japonicus
こまつなぎ
駒繋ぎ
Indigofera pseudotinctoria
バラ科 はまなす
浜茄子
浜梨
Rosa rugosa
かわらさいこ
川原柴胡
Potentilla chinensis
アブラナ科 はまはたざお
浜旗竿
Arabis stelleri var. japonica
ナデシコ科 まんてま Silene gallica (?)
単子葉植物
カヤツリグサ科 こうぼうむぎ
弘法麦
Carex kobomugi
こうぼうしば
弘法芝
Carex pumila
はたがや Bulbostylis barbata
びろうどてんつき Fimbristylis sericea var. cyclocarpa
イネ科 けかものはし
毛鴨の嘴
Ischaemum anthephoroides
おにしば
鬼柴
Zoysia macrostachya
てんきぐさ
浜大蒜
Elymus mollis
はまにがな
浜苦菜
Ixeris repens
裸子植物
マツ科 くろまつ
黒松
Pinus thunbergii
はいねず
這杜松
Juniperus conferta