栃木県  
  県木:トチノキ
Aesculus turbinata
県花:ヤシオツツジ
Rhododendron pentaphyllum
var. nikoense 
  森を作った人・守った人      
杜(森)の話 森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  興野隆雄      
  関根矢之助      
               
興野隆雄
黒羽藩の重臣。造林方法を研究して、実生苗の育苗方法を黒羽藩内に定着させ、スギ造林、ヒノキ造林の基礎を固めた人。

その集大成が、「太山の左知(とやまのさち)」。嘉永2年(1849年)に発表。机上の空論ではなく実地体験によるもので、義父の隆中と一緒に作成。自身の体験だけで無く、技術体系をまとめた後、江戸の植木職人や吉野林業まで足を運び、育苗や造林に関して内容を濃くしました。周りの声を反映させたものだったのです。

18世紀後半には那珂川の水運の発展から江戸経済圏に取り込まれ、その需要を満たすための造林でした。丸太ではなく板材を出荷するために、大径スギ材を生み出すために2間(3.55m)とい広い間隔での植林を推奨。

1町歩750本の植林。1ha約800本という粗密度での植林が理想的。飫肥杉林業より広い間隔です。

寛政2年(1790年)生まれ文久2年(1862年)没
生涯に植えたスギの木は18万本以上とのこと

 
関根矢之助
今市市大室の人
江戸幕府から明治政府に移行する頃の人。1803年4月17日生まれで、「農家用心集」の作者。この書は、飢饉に対する救荒を目的とした書で、いかにあるべきかについて、村の名主の責任としてかかれたもの。
農民の日々の暮らしだけでなく、飢饉の際に対してあわてないための保険のような本なんです。

そんな中で、飢饉、病気、火災等、予期せぬ事態に出くわしたときに、お金がないと何も出来ない。そうならない為にするために、木を植えようと気があれば、いざというときのお金が入ると

農家に対して、植林とは、一種の保険で資産確保の、いざというための資産として植林を勧めたのです。

農家の裏山にある森林は、今は材の価格が低いですけど売れないわけではないですから。いざという日のために手入れを怠ってはいけないとのこと。

飢饉の際に一番の問題は、食べるものが無くなるのではなく物価の高騰で購入出来なくなること。お金をいかに貯めておくか、そんなことも農家用心集には書かれています。