茨城県  
  県木:ウメ
Prunus mume
県花:バラ
Rosa rugosa
 
森を作った人・守った人      
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  土井利勝
木村彌次衛門
河田杰 
     
 
土井利勝
元亀4 年(1573 年)3月18日、誕生。
寛永21年(1644 年)7月10日、大老のまま没
古河といえば、桃。その基礎になったのが、古河藩主の土居利勝です。
慶長年間に、長谷、牧野、鴻巣周辺の農民の暮らしが良くなるようにと桃を植えさせたのが始まりだったそうです。
桃栗3年柿8年ということで、3年で現金収入。

古河総合公園がその功績を称えて(乗っかって)、3月中旬頃からもも祭りをしています。

詳しくは「こがナビ」でチェック

なお、桃の苗は、江戸市民が食べていた桃の種をかき集めたそうです。







    
木村彌次衛門
久慈川の水害防備林を作るきっかけになった人物。文久2年(1862年)に辰ノ口に住んでいた木村彌次衛門は、洪水の跡を見回っているときに、竹の根が残っていたのに気付きました。

竹が制水してくれ、土砂や流木をくい止めてくれたからか、水害被害が最小になると考えたそうです。
それに加えて、竹を売れば収入も入ります。籠から釣り竿、ザル等々、竹細工で人は生活していましたから。ということで、久慈川の水害防備林おして竹を植えることになりました。

久慈川水害防備林についてはこちら



河田杰(かわだまさる)
東海村海岸砂丘の植林に半生をかけた人物。
明治22年(1889年)1月6日東京新宿生まれの林業技術者(博士)です。大正3年(1914年)に東京大学林学科を卒業後、目黒にある林業試験場に勤めます。その間、欧米に造林学の学びに留学もします。欧州の広葉樹施業などの情報を持ち帰られています。

大正8年(1919年)に、東海村の村松海岸に22万本のクロマツを植栽します。この時の植栽方法が「河田式造林法」として、砂丘の出来た経緯、地形に則して、適地適木で植栽していくというのを整理された造林法です。そしてまとめられたのが、「海岸砂丘造林法」という書物です。

海岸自体はもともとクロマツが植生していたのですが、明治中期以降乱伐や、砂丘の広がり(久慈川流域、那珂川流域の山の荒廃による大量の土砂の流入)で林相が貧弱化していきます。結果、農地や集落に被害が発生するに至ります。大正2年(1913年)から、干拓事業の一環で海岸林が造成されたのですが、失敗に終わったとのことです。

なんといっても、北東風の影響で、飛砂に苦しむ場所だったのです。砂は、荒れ川の久慈川から供給され続けられます。まず砂丘を止めることから始まり、砂だけでは植物は生育できないので、麦わらや稲わらを砂の中に入れ、地力を高めたのです。肥料を蒔くより経費が安い方法しか採れなかったのですが、出来るだけコストを抑えた方法と言えます。

その一方で、地表には敷き藁を実施。地表から水分が逃げるのを防いだのです。俗に言うマルティング効果です。

最初の4年は、砂防垣を作り、地形の整理に努めました。堆砂形成がされ、砂が止まれば、その風下から植林を始める方法です。

大正7年(1918年)に試験地が設置され、河田博士の着任は翌年。研究の結果が分かったことにより、大正14年(1925年)から事業として本格的に海岸林を造成したのです。

この方式は、茨城式とか、河田式と呼ばれ大正中期以降、砂防造林の規範にされました。

当時の村松村村長澤畠美畝と、那珂郡出身の根本代議士を中心とした陳情もあり、試験地として選ばれたのです。逆に言えば、日本5大ひどい場所の一つとも言えます。
青森県の屏風山、秋田県の能代、石川県大聖寺、鹿児島県吹上浜と、ここが砂防植栽試験地だったからです。

河田博士は、最後に青森県営林局長になります。昭和21年(1946年)に退官するのですが、東京教育大学、今の筑波大学の講師として、マツばかりでなく、人も育てます。
昭和30年1月16日、66歳で生涯を閉じますが、今なお、茨城を始め近接する千葉県などの松林は、生き続けています。