山形県  
  県木:サクランボ
Prunus avium
県花:ベニバナ
Carthamus tinctorius
 
  森を作った人・守った人      
杜(森)の話 森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  佐藤藤左衛門と藤蔵       
  本間光丘      
  上杉鷹山      
  富樫兼治郎      
  阿部清右衛門      
  曽根原六蔵      
         
         
         
砂の上にも30年? 
最初の馬鹿がいないと植林は続かないのではと思いつつ
佐藤藤左衛門と藤蔵(親子です)
酒田市から遊佐町までの海岸を植林し、庄内平野を穀倉地帯にした親子。
庄内藩は製塩のために燃料として海岸のマツを使いました。海岸のマツ林を使い果たしたため、穀倉地であった平野が荒れてしまいました。砂が舞い、養分が風で飛ばされるということで。

庄内藩は、荒れてしまった平野を穀倉地帯とするため、「植え付け役」という部署を設け、植林を行ってきましたが失敗の連続が続いていました。

1746年に庄内の造り酒屋の佐藤藤左衛門と藤蔵親子は、それまでの儲けを植林につぎ込み、試行錯誤の上、30年という時間をかけて植林を行った親子なんです。

特に、息子の藤蔵は、家業を弟に譲り、寝食を砂丘に小屋を建てて、クロマツの植林に精を出しました。はじめに、ネムノキを植え、その根の張ったところにクロマツを植えるという方法で、次々と防風林を作り、農地を保護し、庄内平野を豊かにしていきました。

成功するのを見て、地域の農民も参加しましたが、彼が植林を初めてから30年後のことだったそうです。やはり、植林という事業に地域住民が参加(自発的に)するには時間がかかるという良い事例なんでしょうね! 

今、 国内外で植林を行っている人やグループがたくさんありますが、砂の上にも30年というくらい長い目で見ているのかなあと思ったりしますがいかがなモノなん でしょうか。まあ、国際援助の世界では、3年で、5年で木のないところにプロジェクトをして成果を求めます。農業じゃないんだから、無理な話と思うのです が、理解出来ない人が多いのも事実です。

小学校で、このような話を習っていれば、理解出来るのでしょうけどね。


遊佐町
http://130.34.143.110/sub7/title.htm
 山紫水明の地 古来人材多し
 http://130.34.143.110/sub7/jnzamoku.htm

 
本間光丘
宝暦8年(1758年)から藩から許可を得て、私財600両を献納して、酒田湊の西浜に砂防植林を行った
 
「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」といわれた日本一の大地主で、「徳は得なり」の哲学のもと砂防林造成を行ったのです。

こ れこそ、本当のボランティアではないでしょうか。日本にはボランティアが発生しにくいという話がありますが、財力と、人格さえあれば、出来るということな んでしょうね。口の悪い本には、自分のもらった畑を砂から守るために植林したと書かれていましたが、それでも自分だけでなくそれ以外の農地を守ったんです から




酒田市
http://www.city.sakata.yamagata.jp/index.html
国土交通省 山形河川国道事務所
http://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/
 季刊誌 U-zen
 http://www.ym-mlit.go.jp/~test/u-zen/020/yumeno01.html
上杉鷹山

富樫兼治郎


阿部清右衛門
庄内海岸林を作った一人。
月光川河口にある吹浦港の築港と港を護るために砂対策として周辺の植林した人で、天保15年(1844年)に没しました。

吹浦の港は、昔から貿易の中継港として機能していたが、砂対策ができていなかったので、砂で埋まる羽目になります。鳥海山の麓で、庄内平野の北端に位置しますが、塩田開発等で元々あった海岸林が無くなり、多分新田開発で山も荒れて、大量の砂が飛んでくることになったのでしょう。

最初にネムノキ(Albizia julibrissin)を植えて砂丘の固定。その後クロマツを植林。クロマツは、松林から一生懸命、野生の苗を集めたそうです。

元々は、文政6年(1823年)から8年間、自腹で港を整備したんです。港を整備する際に、利用者間で意見対立があって受益者負担というわけにはいかなかったのです。仕方なく自腹ということに。そして、港を護るために植林。文政9年(1826年)開始のようです。植林地は、渋ヶ森という場所で、今でも、この松林は清右衛門爺山(せんじややま)と呼ばれています。1063人の人夫と188貫443文がかかった費用です。


曽根原六蔵