埼玉県  
  県木:ケヤキ
Zelkova serrata
県花:サクラソウ
Primula sieboldii
 
森を作った人・守った人    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  柳沢吉保       
  安井政章      
         
 

テレビドラマの悪役
柳沢吉保
この人は、テレビ水戸黄門、赤穂浪士の話の中では悪役です。

評価はあまりされていないのでしょう。しかし、関越自動車道沿いにある三芳町や川越の雑木林は、彼のおかげなのです。それを相続税の為なのか、目先の金儲 けの為なのか、土地が売られ、木々が次々と切られ、都民のゴミを処分する産廃になったり、嘆かわしいことです。
元禄の頃、平和な世の中になって、人口が増え、その対策として新田開発があちこちで行われました。
その結果、耕地面積の増加によって自然災害が増え、逆に収穫量を減らすという結果に陥ったのです。武蔵野の大地を風が舞い、表土をとばし、農業ができないような土地になったのです。

実際に働いた人
曽根権太夫と家臣たちです。



関連のHPこちらです。

三芳町立歴史民俗資料館
  
三富新田について詳しく書-かれています。


 
安井政章
川越藩主松平大和守斉典の家臣で、藩の郡奉行を勤めた人。

天明7年(1787年)に生まれ、財政赤字の川越藩で、再建させるためいろいろ施策をしたんです。商人と一緒になって緊縮、倹約をするかと思うと、行き詰まりを感じ商業資本ではなく、農村を中心とした開発を行いました。

養蚕をはじめ、絹織物などの産業を興し、農村の貧窮な生活の改善に努める一方、荒れた水田を回復させるため治水にも手を出します。

比企郡川島町の堤防が決壊した際、一大土木事業を行い、弘化2年(1845年)に「鳥羽井堤」を作り、堤にサクラ
低いところにヤナギを植え、洪水防止に貢献しました。

この他にも、前橋の領内において、赤城山麓にマツを植え、農地を暴風から守るといった功績があります。

飢饉の際には、倉をあけたりして領民を救ったという功績があります。

嘉永6年(1853年)6月に病のため、67年間の生涯を閉じました。広末町にある栄林寺にお墓があります。


森喜作

シイタケ栽培者を救った研究者。
種ゴマの発明者