大分県    
  県花/県木:ブンゴウメ
Prunus mume var. bungo
   
森を作った人・守った人    
杜(森)の話
森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  小笠原忠知
佐藤甚兵衛
九州水力電力社
賀来惟熊
     
         
住民参加型林業とは、こうすれば成功するのでは
小笠原忠知(おがさわらただとも)
マツの苗木1本植林すると、大麦が5升(1升ビン5本・9リットル)がもらえる。こんな噂を聞いて、たくさんの農民が国東半島の海岸沿いに植林を行いました。
時は、寛永13年 1636年のことだったそうです。
場所は、6万石杵付藩(今の大分県杵築市)という小さな藩でしたが、藩主の小笠原忠知のアイデアで、海岸防風林作りが着手されました。

(臥牛城ともいわれる杵築城)

それまでは、ただ働きというより強制労働だった農民は、にわかに信じられなく疑っていたが、庄屋の蔵に城の穀物蔵より大麦を配り、農民を安心させました。
目の前に食料がならべられれば、あとは、もらうだけ。試行錯誤を重ねながら、海岸に立派な松林を作りました。そのおかげで、水田や畳表に利用する植物(シチトウイ)を栽培し豊かな藩の基盤を作りました。

松の苗1本につき海岸林造成には麦5升。山の植林は3升。寛永13年(1638年)には日向より松の苗を調達したと「豊城世譜」に記されているとのこと。

きっと、太平の世になり、人口が増え、今まで使われていなかった土地を使うようになったのでしょう。


今、 世界の途上国を中心に国際機関、民間団体によって植林を行っています。日本の国際援助機関であるJICA(国際協力機構)でも住民参加型林業といって、社 会林業、ソシアルフォレストリー、コミュニティーフォレストリーといって、プロジェクトを行っています。しかし、最近は落ち着いてきましたが(怪我の功 名?)10年前までは、いろいろ試行錯誤を重ねて、今に至っているのですが、いかに、住民にやる気を持たせるようにするのかという問題を抱えています。も ちろん、JICAだけではなく、各援助機関も同様な悩みを持っていますが・・・・

やはり、金か食い物で釣るしかないのでは、と思うのですが。いかに、薪炭林を作る必要性や、防風林の必要性を教育という名で教えるより、結果が後から付いてくるような気がしないでもないんですけど・・・・・・・・・



奈多海岸の一部


 
大庄屋さん
佐藤甚兵衛
宝暦6年(1756年)〜明和7年(1770年)の14年間に今の兵庫県三田からスギを取り寄せ、荒廃地に植林約3万本のスギとヒノキを佐伯藩に献上したそうです。
 
ここまでしか情報がありませんのでどなたか情報下さい

 
九州水力電気会社(今の九州電力)
大正8年(1919年)に将来を見据えて、水源の確保のため一大決心。「水力の基礎は水源を養うことにあり」という思想のもと開拓された大分牧場地を買収して、草場から森へ。

電柱用にスギと、コルク用にアベマキを植林
九州電力から子会社の九州林産が管理をしているとのことです。

九州林産のホームページ
http://www.q-rin.co.jp/

九州電力
http://www.kyuden.co.jp/

持続的に水を確保するために企業自らが土地を買い、森を作った例としては珍しいのでは


 
賀来惟熊(これたけ)
植林事業や水路の開発、大砲の鋳造を成し遂げた実業家賀来惟熊。
幕末の1796年、宇佐郡佐田村、現在の安心院町生まれ。外国からの脅威を取り除くために、自費で反射炉を作った人。しかも図面のみでという話。しかも庄屋出身。

賀来飛霞は江戸末期から明治にかけて日本の本草学を大成させ、近代植物学の基礎を築いた人物。全国の山野を歩いて採薬(調査研究)の旅を続け、多くの著作を残しています。
この人の従兄弟