長崎県  
  県木:ヒノキ
Chamaecyparis obtusa
県花:雲仙ツツジ
Rhododendron serpyllifolium 
  森を作った人・守った人      
杜(森)の話 森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  陶山訥庵      
  松倉重成      
         
                        
イノシシに恨みを買った対馬の聖人
陶山訥庵(すやまとつあん)
(1657年〜1732年6月14日)75才。対馬の聖人と呼ばれた対馬藩の農業大臣。財政再建が急務であり、そのために自給自足を目指した農地改革を行ったのですが、せっかくの農作物を、人が食べる前に食べるのがイノシシ&シカ。憎きイノシシを撲滅することが、限られた対馬における農業で自立する手段ということで、シシ退治をした人で有名。

1657年(明暦3年)に、儒医の陶山玄育の長子として誕生、名前を存(ながろう)、幼名を五一郎、そして庄右衛門といって、訥庵は号、そのほかに、鈍翁、西丘老人、海隅小生(かいぐうしょうせい)ともいったそうです。11才の時に江戸に出て、木下順庵の下で、勉強、17才の時に対馬に戻って、1680年(延宝8年)に父親の隠居によって跡を継いだ。

1690年(元禄3年)に病弱ということで、家業の医者をやめて、1699年(元禄12年)に農業大臣にあたる郡奉行に就任。同役の平田類右衛門と一緒に、翌年からイノシシ狩り。殲猪令(せんちょれい)を出し、冬から春にかけての農閑期に、島内の農民を総動員して、シシ狩りを島を9分割し、境界を土の壁、さらに仕切垣を作って、イノシシとシカを追いつめ、鉄砲でズドン。1年に一区画ということで、9年かけて8万頭あまりのイノシシを撲滅したんです。そして、イノシシの居ないところで安心して農業が出来るように、農民すべてに農地を再分配、農地改革を行ったのです。

すると、イノシシに襲われていたために収穫が芳しくなかったのに、敵がいないから収益アップ。焼畑を行うとき、イノシシが畑に入ってこないように柵を作るのですが、イノシシの攻撃に耐えられるような太さになるまで、栽培したあと十分な休閑期間を取っていたんです。イノシシが居ないので、休閑期間を短縮。すると、耕作期間が長くなり、地力の低下で収量ダウン、森が減ったので、雨が降ると洪水、土砂崩れ等々、イノシシが居なくなってから20年後には、最悪の事態に命に危機が。

イノシシが、森を維持するためのフタみたいな役割を担っていたのに、フタが取れたというか、農民のやりたい放題で、逆に窮地に。そこで、焼畑をやめろと「木庭作停止論」を出したのです。すでに引退はしていたのですが、農業振興のために、いろいろ本を出したりしていました。1715年には島になかったサツマイモを導入したり、農業指導をしていたと。根底には、自給自足の必要性を感じていたからだといわれています。

開発と安定した生活。そのためには過度な焼畑を押さえなければならなかったのです。イノシシが居なくなっては、人間の理性が森を守る唯一の手段なのです。農民の反対を押し切り、耳を傾けつつも、己の信じる森の再生に向けて実行したのです。

この人のすごいところ、だから聖人なんでしょうが、反対者の意見までちゃんと耳を傾けたのです。もちろん採用はしなかったでしょうけど。それらの意見の集約が1729年(享保14年)に、木庭作停止の指示に対する反対意見、賛成意見、そして自分の見解を加えて「木庭停止論」を著したのです。




 
松倉重成(松倉重政)
千々石海岸に植林した江戸時代の藩主
塩害を防ぐために堤防を築いて、松を植えました。結果的に、防風林、防潮林の機能を持っています。もちろん、千々石町の町の木はマツです。

この人物は、司馬遼太郎にとってはすごく嫌われた存在
「日本史の中で、松倉重政という人物ほど忌むべき存在はすくない」と街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 (朝日文庫) の冒頭に書かれています。


千々石町(ちぢわまち)
http://www.town.chijiwa.nagasaki.jp/
千々石ネット
http://chijiwa.ne.jp/
 千々石海岸松原と松倉重政について
 http://chijiwa.ne.jp/yaboo/siseki/matukura/matukura.html