神奈川県    
  県木:イチョウ
Ginkgo biloba
県花:ヤマユリ
Lilium auratum
 
森を作った人・守った人    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  酒匂川流域住民と二宮尊徳       
         
         
         
         
         
         
         
         
酒匂川流域住民と二宮尊徳
暴れ川で有名な酒匂川。堤防の強化と水防工法のための資材として松を植えられ、今なお、堤防を守っています。

植林の歴史は長いのですが、二宮金次郎こと、二宮尊徳(たかのりorそんとく)も寛政から享和2年(1800年)頃に、小田原藩が行った堤防づくりに参加し、堤防を強化するため、黒松を植えたとのこと。
堤防の強化の他、木流し工法にも使える資材としての一面も持ち、二宮金次郎が植えた松200本(尊徳記念館裏側付近)は、昭和13年(1938年)の梅雨時期の洪水で木流し工として利用されたとか。

この200本は、子守で貰った200文(今の6500円程度)を、生活の足しにするには、全然足りないということで、それなら、生活を脅かす洪水対策として使った方が良いということで、子守先からの帰りがけに、松の苗木売りから値切って、200本を植えたそうです。植栽後に帰宅したので、周りは真っ暗に。母親は普段なら帰ってくる時間を過ぎても連絡が無く、心配していたそうですが、怒ることなく、理由を聞いて、褒めたそうです。

なお、二宮尊徳は、この堤防工事の際、菜の花を同時に植え、菜種油を収穫し、小金稼ぎをします。夜に本を読むための油代を稼ぎ出したとのこと。未利用の土地に付加価値を与えるという方法で、小金を貯め、酒匂川の氾濫で没落した一家を、復興させました。

余談ですが、色々な知識を得ることが、難問解決のヒントになるということで、様々な本を読んだそうです。その象徴が薪を運びなら本を読む姿です。何を勘違いしているのか、その精神のための像なのに、その精神を忘れて葬り去ろうとしているのは、悲しいことです。歩きながら読んでいるわけではないというのに。

報徳二宮神社
尊徳記念館











酒匂川の松並木