福岡県  
  県木:ツツジ
Rhododendron spp.
県花:ウメ
Prunus mume
 
杜(森)の話        
杜(森)の話 森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  ウルシin福岡       
  ヤナギin福岡      
  ハゼの木並木      
  木が無くなった!      
  雑煮は栗の箸<      
  
ウルシin福岡
籃胎漆器
明治18年に、川崎峰二郎が竹籠に堅地漆器の技法を利用して塗り上げたのが始まり。

産地である久留米地方は良質の竹がとれるため、多くの竹細工業者のいたことから、明治20年頃から産業として成立していきました。

網代編みの網目を下地で埋めて、黒、朱、黄漆を塗り重ねます。そこに、透き漆をかけて、網目を研ぎ出して凹凸を際立たせ、最後に透き漆で仕上げるのが特徴。

 
ヤナギin福岡
ヤナギにまつわる迷信(?)
◎歯痛にはヤナギの楊枝を使う

ハゼの木並木
江戸時代、九州諸藩では油糧としてハゼを植えたのです。

ちぎってハゼの実を採るのが「てぼちぎり法」。下に敷物をひいてその上に落とすのが「ちぎり落とし法」

木が無くなった!
最初に石炭を使ったのは製塩のためとか。
文書上の情報では、津屋崎あたりで元禄13年(1700)頃には製塩用の薪になる木が姿を消していたとか

石炭の使用が始まったのはそれより前の1661年頃(寛文・延宝)の頃から

徐々に、瀬戸内海の森が無くっていくにつれて石炭が次々と使用されることにだいたい1800年初め(文化・文政)には瀬戸内海一円に広まったんです。

製塩業が盛んなところの森は姿を消したんです。

雑煮は栗の箸
商売の都市、博多の風習
何事もやりくりが大事ということで、1年のはじめのお正月の雑煮は栗配箸で

金繰りが順調でありますようにという、そんな願いがあるとか
そのお家の家長が、注連縄を作る時に一緒に栗の枝を削って作ったそうです。
ちなみに、お正月の祝膳だけに使って使ったあとは、火に納めるということで燃やすんだそうです。