富山県  
  県木:立山スギ
Cryptomeria japonica
県花:チューリップ
Tulipa gesneriana
 
杜(森)の話        
杜(森)の話 森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  今年の雪はリスが教えてくれる?       
  送りオオカミは、紳士です      
  ヒキダメというおこぼれ      
  カイニョ      
  「アラシ」「草嶺」「ナギハタ」「ナギ」      
  黒茶      
  ウルシin富山      
         
         
今年の雪はリスが教えてくれる?
富山の動物シリーズ その1
富山の利賀村では秋のリスの尻尾を見て、今年の雪の量を知ります。その見方とは、
「尻尾が太ければ大雪、細ければ少雪」

富山の動物シリーズ その2
熊が出歩くと天気が荒れる。

富山の動物シリーズ その3
ウサギが夜、山から谷に下りれば好天
下から頂上にあがれば、荒天

これらは、富山の山間部に伝わる天気の見方です。科学的に正しいかどうかは、・・・・・・・ですが、生活の知恵は、馬鹿に出来ません。きっと、リスは、その年の冬を予知し、体内に蓄える量をコントロールするのでしょうから

今、私たちに自然を読みとる観察力はあるんでしょうかね


 
送りオオカミは、紳士です
もういないかも知れないけど、オオカミ。オオカミは、神さまであったり、山の神の使いだったりして非常に、山の生活に密接していたんです。

富山の動物シリーズ その4
そんなオオカミと富山の山岳地域の話。山で作業した後や、峠で、オオカミが待っていて、家まで、里まで送ってくれたとか。他にも、猿が畑を荒らすのを威嚇して追い払ってくれたとか

ただし、オオカミに送ってもらうときに滑ったり、転ぶと、喰い殺されてしまうそうです。


ヒキダメというおこぼれ
富山の動物シリーズ その5
富山の山の人は、野ネズミからおこぼれを貰って、生活していたとか。野ネズミが、山の木(トチ、クリ、ブナ、カヤ等)の実を貯めて、越冬用食料にするので すが、焼き畑地域や常畑で農作業しているときに、地中に埋めてあった木の実(2升ほどになるらしい)を掘り出したとき、 野ネズミからの贈り物ということ で炒って食べていたとか


砺波カイニョ倶楽部
http://www1.tst.ne.jp/k-amano/kainyo.htm
砺波市
http://www.city.tonami.toyama.jp/index.html
福野町観光協会
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~f-kanko/
 街の歴史・概要
 http://www.shokoren-toyama.or.jp/~f-kanko/01_rekisi.html
 「散居村とは」に詳しく書かれています
カイニョ
となみ平野の農家を取り巻く屋敷林をカイニョと呼んでいます。もともと森だったところを田畑にしたときに、屋敷林として家のまわりに残したものといわれて いますが、年中吹く西風と、冬の雪、夏の暑い日差しを遮るため、スギを中心に植えています。特に南側は、夏の日差しの他、冬の大雪が、南から吹き込みま す。特に、風の強い、西側、南側に多く植えており、東側はあまり植えていないそうです。

スギは、真っ直ぐ成長し、防風効果が高く、枝葉や落ち葉は燃料に、スギそのものは、建築用に使うことが出来、非常に生活に根付いています。

女の子が産まれると、キリの木を植えます。女の子の方がお金が掛かるということなんでしょうね。かつて、分家には、クリ、ウメ、カキ等の換金作物の木を植え、貴重な現金獲得の手段となっていたそうです。

カイニョの木を売ると、あの家は、金に困っていると噂されるため、カイニョを切ることはあまりなかったそうです。

さらに詳しいことは、こちらへ
「アラシ」「草嶺」「ナギハタ」「ナギ」
富山の焼き畑のことです。
富山県の場合、加賀藩が、百姓に贅沢をさせなかったせいもあって、雑穀が主食になっていた。スケジュールはこんな通りだったとか
1年目の7から8月にかけて、草を刈ったり木を切ったりします。
8月初旬に、火を入れて、ソバやカブの種を植えます。

2年目に、アワ、ヒエ、シコクビエを植えます。
3年目に、アズキを植え、4年目にキビやアワ、ヒエ、シコクビエを植えて山に返す。
3年目に、コウゾやクワを植えて、蚕を飼ったり、和紙を作ったりして、換金作物の場にしたこともあったそうです。
 
秋植えという杉の苗を、最初の年のカブの種をまくときに植えて、スギ林にすることももちろんあります。


NHK食べ物新世紀
http://www.nhk.or.jp/t-shinseiki/index.html
 いただきます ふるさとの味
 http://www.nhk.or.jp/t-shinseiki/back/furu31.html
黒茶
プアール茶の富山版
後発酵茶という分野に入るそうで、高知の碁石茶や、徳島の阿波番茶、愛媛石鎚の石鎚黒茶も同じ仲間とか

ただ、カビは、好気的な性格を持っていて、四国のお茶とはちょっと違うらしい
作り方は
@生葉を摘む
A蒸します。昔はゆがいたそうです。
B木の囲いの中に入れ、カビを付けます。
 このとき稲藁で周りを囲み、温度が上がると移して、温度が上がるとまた移すといった作業を繰り返すこと、約3週間繰り返します。
C3週間ぐらいたつと天日干しをします。

ばたばた茶ともいうそうです。
茶せんでバタバタ泡立てて飲むからとか

まだ飲んだこと無いので富山の方、是非送ってください。期待しています。

ウルシin富山
高岡漆器
1609年(慶長14年)に当時の加賀藩主2代目。前田利長公の高岡城築城の際に、地域振興を兼ねて日用生活品を作ったのが始まりとか

トチノキ、カツラ、ホオノキを原木に、中国のウルシの技法である堆朱、存清等を基本に彫刻塗・青貝塗・勇助塗という貝や石を嵌入して花鳥山水を描いたり、貝を張り付けてみたりと絢爛豪華な漆器を作っています。

お墓に木