千葉県    
  県木:イヌマキ
Podocarpus macrophylla
県花:菜の花
Brassica campestris
 
杜(森)の話    
杜(森)の話森を作った人・守った人 杜(森)のリンク どうでもいい話 戻る
         
  お馬鹿な市長      
  晩ご飯の焼き魚は森で調達       
  山武林業とカドマツ       
  知らせのマツ物語      
  タケノコ料理      
       
         
         
 
お馬鹿な市長
 熊谷俊人千葉市長(2009年〜)は、2014年7月24日の記者会見で、大馬鹿発言をしました。「海は最高の自然なのに、それを隠すように樹木が植えられているのはおかしい」と。
 稲毛から検見川、幕張の人工海浜の背後にある防風防砂林のうち、アメリカ西海岸のようなカッコいい風景にならない邪魔な松は原則切り倒して、海が見える町にしたい?とのこと。そして、駅前から、浜まで一直線に道を作りたいとのこと。

 防風林を壊すのは一瞬です。しかし、作るのは大変です。なぜ、そこに無用と思える緑のベルトがあるのか、無用というのはどの視点で見れば良いのか。為政者としては失格ですよね。そこに住んでいる人に良い森林とは、決して散歩したりすることが出来る森林ではないのです。逆に扱いに困る森林だけど、広範囲の人に恩恵を与えている場合の方が大きいのです。

 まぁ、洗濯物が塩でベタベタで買い換える。自転車はすぐに錆びるから買い換える。ペンキで塗り替えしないといけない等、お金がかかります。民主党の偉いさんが関係するるイオン幕張で買い物してもらうというのではあれば、経済活性化のために、最高の政策だと思います。

 どれだけ、日本各地で防風林が守られているか知らないんですね。悲しいですこんのなのが政治家にいるなんてとおもうと。

 千葉県が管理しているのですが、妥協案なんか示さず、突っぱねてほしいです。市の緑政課も逆らえば良いのに。馬鹿というか木違い、いやキチガイの声は無視すべきです。
 やっぱり隠れ民主党員ですから、国土破壊は是が非でもしたい所なんでしょうね。

 世界の森林破壊の原因の一つに、馬鹿な政治家という分野があります。政治家の一言で森林が無くなるのです。これも同じ構造なんでしょうね。部下の意見を聞かず、権力を勘違いしている。そして、それに気付かない住民。orz


     
    晩ご飯の焼き魚は森で調達
 千葉市中央区にある大厳寺は、昭和41年頃(1971年)まで400年続く川鵜(Phalacrocorax carbo)の森を持っていました。関東一の鵜の山を持ったお寺でした。天文17年(1548年)に設立された古刹で、広大な社寺林を持っていました。江戸幕府からは100石の朱印地をもらうくらい大きなお寺です。

 地元住民は、夕方になると籠を持って森の中に入り、カワウのいる木の下で、木の幹を叩いたりして驚かせたそうです。カワウは、可愛い子供のために、生きたままの魚を飲み込んで、巣に戻ってきます。そこを狙って、子供に食べさせる間に、木の下に落とさせたのです。

 また、カワウは大量の糞をします。これを集めれば、金になりました。肥料になるので。このため、カワウの営巣する木の下に、藁をひいて、糞を集めていました。藁をひく場所は、くじ引きで決めていたそうです。大量の糞は4万羽とか、相当な数のカワウが生息していたからです。その理由は、お寺が殺生を禁じていたのと、すぐ前に、広大なえさ場=東京湾があったからです。

 こんな関係に終止符を打ったのは、淑徳大学が出来たからです。お寺自体が、浄土宗の僧侶養成の学校、「檀林」であったため、間違ってはいないのですが、関東一の鵜の山は、これで消滅しました。

 
山武林業とカドマツ
 千葉県の林業といえば、17世紀には林業地として有名になった山武杉(サンブスギ)が有名です。スギが有名ですが、本当はカドマツの供給地として江戸の正月を支えていたんです。

 降水量が少ないということで、スギを植える前にマツを植えてから、数年後にスギを挿し木として植えたんです。スギ林が出来る前に植えたマツは、門松として出荷されました。一大消費地である江戸に売られたのです。

 松が切られた杉林は、そのまま伐期を迎えるまで成長を続けます。上総戸と呼ばれる建具にされ、江戸に販売したり、鰯漁の船に使われました。端材などは、鰯を原料とした綿花栽培用の肥料「ほしか」をつくる燃料に使われました。









 
知らせのマツ物語
多古町の話
ここには、樹齢500年以上の松が昭和54年頃まであったそうです。松食い虫によって枯れてしまうのですが。
この松、村に凶事があると葉の色を変えて、みんなに知らせたそうです。

知らせの松が真っ赤になったとき、村人はどう思ったのでしょうか。


タケノコ料理
タケノコとの産地である大多喜町平沢地区
美味しい理由は粘土質の土という事で、タケノコの先端が太陽や空気に触れないようになっているため。このため、えぐみが出ないんだそうです。

そして、収穫後にお礼肥として鶏糞を山全体に捲くんだそうです。そして世代交代を促すため、親竹である3年竹は更新のために伐採。見分け方は、節が黒くなったもの。

WAIWAI童子
http://www.waiwai-warabe.jp/
民宿ひらさわ
住所:千葉県夷隅郡大多喜町平沢1124
TEL:0470-84-0130

塩漬けにして保存して年中食べられるようにしており、食べるときは、一晩水漬けして塩抜きするんだそうです。採った筍を茹でた後、塩漬け。おからと塩を一緒にして付ける地方もあるそうです。


平砂浦砂防林