水害防備林 有馬川 
 六甲山地を源とする川の1つで、六甲山山頂付近から瑞宝寺谷を流下してきた六甲川と、極楽茶屋跡付近から紅葉谷を流下してきた滝川とが合流したのが有馬川です。そして、有野川と一緒になって、道場で武庫川に合流します。延長約10キロで、武庫川第2の支流です。
 
 温泉地として名高い有馬温泉を通り、西宮市の山口町を横断しています。

 かつて生活排水や農業の農薬汚染で川が死んでしまいましたが、地元の住民や、山口小学校、有馬小学校の取り組みで、蛍が戻ってきました。
こちらの水害防備林は、堤防の外側に竹林というスタイル。
国道176号線 西宮市山口町 名来周辺から塩田八幡宮付近



リンク

○六甲SABO http://www.kkr.mlit.go.jp/rokko/index.php 
  有馬川物語 http://www.kkr.mlit.go.jp/rokko/rokko/study/arima.php
メールは、です。

水害防備林  きこりのホームページ